So-net無料ブログ作成
検索選択

Microsoft、「Silverlight 4」のRC版をリリース

"「Silverlight 4」のRC版のダウンロード提供が始まった。Webカメラやマイクのサポートやマルチキャスティング機能など、多数の機能強化が行われている"  米Microsoftは3月15日、開発者向け年次カンファレンス「MIX10」において、RIA(リッチインターネットアプリケーション)再生用Webブラウザ向けプラグイン「Silverlight 4」のリリース候補(RC)を公開したと発表した。開発者向けサイトから無料でダウンロードできる。正式版は5月に公開する予定という。 Silverlight 4を開発に利用するには、Visual Studio 2010をインストールしておく必要がある。上記のサイトでは、「Silverlight 4 Tools for Visual Studio 2010」やユーザーインタフェースデザインツールの新版「Expression Blend 4」のβなど、RIA開発をサポートする多数のツールが公開されている。 RCでは新たにWebカメラやマイク、プリンタに対応し、ドラッグ&ドロップやコピー&ペーストでデータをアプリケーションに追加できるようになり、高精細ビデオのマルチキャスティングも可能になった。そのほか米GoogleのWebブラウザ「Google Chrome」に対応するなど、多数の機能強化が行われている。 サイト自体がSilverlightで構築されたSilverlightアプリのショーケースページで、サードパーティー製のアプリを閲覧することができる。 Microsoftによると、2009年11月の時点で45%だったSilverlightの普及率は、現在60%に拡大しており、ビジネスアプリにも使われ始めているという。MIXの基調講演にはeBayなどのパートナー企業が登壇し、アプリを披露した。eBayのアプリではスマートフォンのカメラで撮影したバーコードで製品を検索したり、出展物の写真を編集してアップロードする機能などが紹介された。■関連記事Microsoft、「Windows Phone 7 Series」開発キットの無償提供を発表「3スクリーン+クラウド」戦略を推し進めるマイクロソフトレイ・オジーはMicrosoftをどこに導くのかMicrosoft、「Silverlight 4」の新機能を発表【Silverlight】に関連する最新記事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。